現役美容師が書くトリートメントのあれこれ

最も、お客様の髪のコンデションとしてあげられるのがトリートメント

このトリートメントも主に3つにわけられるというのが、美容師としての見解です。

1 サロンでやるトリートメント

これは美容師がやるトリートメントとも言えるでしょう

もちろん一回のトリートメントで3000円~5000円という金額をいただくので、美容師の腕にかかっているともいえますが、もちろん内容も違えば、お客様が自分で出来ない!のかサロントリートメントです。

ミルボン オージュア シリーズ

IMG_3960.JPG

現在サロンにある大半は段階で分けて髪の毛を補修、保湿していく

というのが常識です。
では何故家で出来ないのか?
我々美容師でもこのようなラインナップで新しく出たトリートメントなどは、講習会を開き、テストします。

まずはお客様の髪に合うトリートメントを選ぶ
手で確かめながら、コンデションを調節する

これを自宅でお客様がやった場合、栄養を与えすぎて、しっとりしすぎて、髪を乾かしてもなかなか乾かない
などといったことが起こりえます。

トリートメントを時間かけすぎたり、与えすぎても良くないということです。

2 ホームケア トリートメント
IMG_3962.JPG

簡単に言うと、ご自宅でやるトリートメントですね。
これは基本、美容師が大きく考える事は、
1.サロンでやるトリートメントを持続させる
2.髪の毛をいつも綺麗に保つ
3.スタイリングがしやすくなる
といったところでしょうか。

お客様にあったホームケアトリートメントを使用することで、コンデションを維持できるということです。
市販のトリートメントはどうなの?
といった疑問もお客様から聞きますが、基本美容師は数多くある市販のトリートメントを薬局に行って
「これが合いますよー」
などといったことはしませんし、市販でいいものがあれば、サロンに置いてます。
500円で400mlの良いトリートメントがあるなら、それの方が売れるし、儲かりますが、それをしないのもお分かりいただけます。

3 アウトバストリートメント
IMG_3958.JPG

この言い方は、ここ3年くらいで雑誌、美容界で広まりましたか、、、

元は洗い流さないトリートメントと言っていました。

要はお風呂から出て、乾かす前に髪につけるトリートメントということです。
これは、今現在、美容師がお客様の髪を最後に乾かす時に大体つけます。

つけた方がいいからです。
まず手触りが違います。美容師はプロなので、アウトバストリートメントをつけなくても、艶を出すことは出来ますが、何故付けるかというと、つけた方がまとまりや、艶がより出るからです。
お客様も自分の髪とはいえ、なかなか乾かすのに艶を出すのは容易ではないです。
それなら尚更アウトバストリートメントを使う方が、楽チンです^ ^

モロッカンオイルに関しては、しっとりするのにべたつかない、しかも、結構使ったと思っても、まだ半分残ってるー くらい長く使用できます
(1プッシュで十分)

このように、トリートメントはお客様の髪に合うやり方や種類があり、それは毎日のコンデションを整える意味もあります。

トリートメントの話を美容師さんから聞いたことが無い??

聞いてみてください^ ^
(まぁ言わないのもどうかと、、、)

ご参考下さい

IMG_3957.JPG

黒川恵介WEB予約はこちら
  ↓ ↓ ↓
黒川恵介WEB予約専用ページ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

LINE ID 09052704133 質問などはこちらまで